怪我をするのを防ぐ事は必ずしも出来ることではありません。日常生活の中で、自分が行動していなくても他人から怪我を与えられる状況も不慮の事故としてあり得ます。従って、どれだけ自分自身が気を付けていたとしても、100%怪我をしないという日々を送れる方というのはまず居ません。日頃から怪我を防ぐよう心がけるのも重要ですが、一番大事なのは怪我をした後なのです。


sponsored link




怪我をした後の適切な処置を怠れば、何かしらそのまま後遺症として残ってしまいます。怪我をした後は早期回復に向けて迅速な対応と適切な治療を継続していきましょう。

そして、怪我の程度や個人差はあれど、適度なリハビリを続けることにより回復の速さは断然に違ってきます。ましてやリハビリをするのとしないのとでは治るスピードだけでなく、治り方や再発の可能性までもがまったく変わってきます。過度なリハビリも逆に治りが遅くなったり、治り方がおかしくなってしまうこともあります。急がば回れということわざがあるように、それぞれの状況に見合った適度なリハビリを行うことが大事であると考えましょう。

当サイトをご覧になられた方が足首周りの怪我をされた、その時に少しでもお役に立てられればと思います。

sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。次のページでは、足首について詳しく説明しています。

⇒ 足首について

⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
asikubi2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。